文学講座 源氏物語 ~源氏の愛した雅~ 

源氏物語は平安時代中期に書かれた紫式部の小説です。
何度読んでもおもしろく、奥深い作品です。

今回は秋好中宮と紫の上による「春秋優越論」、源氏が主催する源氏の妻たちによる「女試楽」などを題材に、中世貴族たちの高い教養と男女の関係性について男女共同参画の視点から紐解いていきます。

 

日 時
令和3年11月11日(木)午前10時~午前12時
令和3年11月18日(木)午前10時~午前12時
対象者
どなたでも
定 員
40名(先着順)
講 師
宗像 真紀子 さん(市民講座講師)
資料代
500円
申込方法
料金を添えて窓口でお申し込みください。
申込時間
午前8時30分~午後5時15分(第3日曜日を除く)
申込締切
令和3年11月4日(木) 
定員に達した場合は、締切日前でも申し込みを終了させていただきますことをあらかじめご了承ください。
その他
※「新しい生活様式」を踏まえ、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため
 「マスクの着用」と「咳エチケット」をお願いします。